Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

当直明け医師が帰宅時に個人情報入りPCを置き忘れ - 東京医科大学病院

東京医科大学病院の医師が、患者の情報を保存したノートPCを紛失したことがわかった。PCへパスワードなどは設定されていなかったという。

12月12日に同医師が、リュックサックごとノートパソコンを電車内に置き忘れ、紛失したもの。同医師は当直明けで帰宅する途中だったという。遺失物などとして回収できなかったことから、警察や東京都、所管官庁へ紛失を届けた。

所在不明となっているPCには、患者の氏名や病名、治療記録など166人分の患者情報や、学会発表用資料4人分が保存されていた。PCにパスワードは設定していなかったという。同院では、関連する患者へ個別に事情を説明し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市
小学校で修学旅行の職員用しおりを紛失 - 関市
講師が学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 共立女子大
8100人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 海城中高
学生の個人情報含む書類を海外研修先で紛失 - 中部大
個人情報記載の調査関係書類を一時紛失 - 大阪府
個人情報が保存されたノートPCが所在不明 - NICT
学生の個人情報含む書類やPCを紛失 - ニトリ
トイレに置き忘れ、生徒の個人情報含む資料が所在不明に