Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の営業活動記録簿が局内で所在不明に - 岡山県内の郵便局

岡山県内の郵便局において、顧客情報約1940件が記載された営業活動記録簿が所在不明になっていることがわかった。

笠岡郵便局において、営業活動の予定などを記録する営業活動記録簿の2007年度下期分14冊が所在がわからなくなっているもの。局内で利用する書類で、貯金関係の顧客約490人、および保険関係の顧客約1450人の氏名、住所、電話番号、性別、生年月日などが記載されていた。

12月21日に紛失が判明したもので、郵便局では不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いとしている。不正利用や外部からの問い合わせなども確認されていない。

(Security NEXT - 2009/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
ふるさと納税寄付者の個人情報が流出、郵便誤配達で - 八千代市
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス
農林業センサス関連の個人情報を一時紛失 - いわき市
顧客情報記載の資料を紛失 - 愛媛県の郵便局
印影など含む振替払出書などを紛失 - ゆうちょ銀
郵便物放棄でパート従業員が書類送検 - 日本郵便
レターパックで送付した妊婦や乳児の健康診断受診票が所在不明
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂