Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックの西本氏やIIJテクの加藤氏らがJNSA表彰を受賞

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、同協会の発展や情報セキュリティの向上に寄与した人物や団体を表彰する「JNSA賞」の2009年度受賞者を発表した。

同協会では、9月より推薦を受け付け、10月の幹事会で推薦候補者を選出。11月に選考委員会で決定した。個人の部は、同協会の社会活動部会長を務めるラックの西本逸郎氏と、同協会幹事のIIJテクノロジーの加藤雅彦氏が受賞した。

ワーキンググループの部では、同協会の「セキュリティにおけるアイデンティティ管理WG」と「情報セキュリティ教科書執筆者WG」が選ばれた。

またインターネット安全教室など、啓発活動を活発に実施した「きんきうぇぶ」「岡山県インターネットセキュリティ対策連絡協議会」が特別賞を受賞した。

(Security NEXT - 2009/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
セキュリティの川柳や「あるある」競うコンテスト
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
セキュリティ啓発ポスターのコンテストを開催
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表