Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロとNEC、ネットワーク上の挙動からウイルス感染端末を検知、隔離するソリューション

トレンドマイクロとNECは、ウイルス感染被害の拡散を防ぐ新しいセキュリティソリューションの共同開発を行うと発表した。

今回の協業は、企業内ネットワークの挙動を監視し、不正プログラムを検知するトレンドマイクロのセキュリティソリューション「Trend Micro Threat Management Solution」に、NECのネットワークアクセス制御技術「Plug&Secureテクノロジー」を組み合わせたもので、2010年上半期をめどに製品化を目指す。

同ソリューションでは、不正プログラムに感染した端末をリアルタイムで検知し、端末ごとにネットワークから隔離。端末による感染の拡大を防止し、被害の拡散を防止する。

また、ネットワークに接続しようとした端末がIPパケット通信を行う前に端末を隔離し、ポリシーを満たしているかチェック。端末が接続されて隔離されるまでの間に不正プログラムが活動してほかの端末に感染することを防ぐ。

(Security NEXT - 2009/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード
動作記録とアラートから脅威を判断、対応支援するイスラエル製「SECDO」 - 丸紅ITSが発売
dit、「NIRVANA改」ベースの「WADJET」新版を提供 - ダークネットに対応
おとり環境でサイバー攻撃を妨害、目的など調査できるソリューション
CTC、機械学習を活用するSentinelOne製EDRを国内で販売
カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など