Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪用される「クラウド」と攻撃から企業を救う「クラウド」

ハードウェアリソースやソフトウェアなどを仮想的に提供する「クラウド技術」が注目されているが、こうした最新技術を悪用されるケースが発生している。一方で、大規模なDDoS攻撃から公共機関や企業のウェブを攻撃から救ったのも「クラウド技術」だ。

ラックのサイバーリスク総合研究所所長である新井悠氏が、12月8日に開催されたメディア向け説明会で、2009年の情報セキュリティに関連したトピックのひとつとして「クラウド技術」に注目し、解説を行ったもの。「クラウド」はメリットである「光の面」強調される傾向があることから、語られることが比較的少ない「闇の面」を取り上げたという。

091211la1.jpg
登壇したサイバーリスク総合研究所所長である新井氏

同氏は、パスワードクラックのための総当たり攻撃の演算など、コスト計算がしやすい「時間貸し」サービスへの懸念や、足がつきにくい攻撃の「発信元」として利用される危険など、クラウドコンピュータが攻撃者が犯罪に利用される実例に触れながら説明。スパムの発信元を提供する「The Spamhaus Project」では、すでに「Amazon EC2」のサーバがすべてブラックリストへ登録されていることを紹介した。

(Security NEXT - 2009/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
米McAfee、「CASB」のSkyhigh Networksを買収
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン