Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪用される「クラウド」と攻撃から企業を救う「クラウド」

ハードウェアリソースやソフトウェアなどを仮想的に提供する「クラウド技術」が注目されているが、こうした最新技術を悪用されるケースが発生している。一方で、大規模なDDoS攻撃から公共機関や企業のウェブを攻撃から救ったのも「クラウド技術」だ。

ラックのサイバーリスク総合研究所所長である新井悠氏が、12月8日に開催されたメディア向け説明会で、2009年の情報セキュリティに関連したトピックのひとつとして「クラウド技術」に注目し、解説を行ったもの。「クラウド」はメリットである「光の面」強調される傾向があることから、語られることが比較的少ない「闇の面」を取り上げたという。

091211la1.jpg
登壇したサイバーリスク総合研究所所長である新井氏

同氏は、パスワードクラックのための総当たり攻撃の演算など、コスト計算がしやすい「時間貸し」サービスへの懸念や、足がつきにくい攻撃の「発信元」として利用される危険など、クラウドコンピュータが攻撃者が犯罪に利用される実例に触れながら説明。スパムの発信元を提供する「The Spamhaus Project」では、すでに「Amazon EC2」のサーバがすべてブラックリストへ登録されていることを紹介した。

(Security NEXT - 2009/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス