Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪用される「クラウド」と攻撃から企業を救う「クラウド」

ハードウェアリソースやソフトウェアなどを仮想的に提供する「クラウド技術」が注目されているが、こうした最新技術を悪用されるケースが発生している。一方で、大規模なDDoS攻撃から公共機関や企業のウェブを攻撃から救ったのも「クラウド技術」だ。

ラックのサイバーリスク総合研究所所長である新井悠氏が、12月8日に開催されたメディア向け説明会で、2009年の情報セキュリティに関連したトピックのひとつとして「クラウド技術」に注目し、解説を行ったもの。「クラウド」はメリットである「光の面」強調される傾向があることから、語られることが比較的少ない「闇の面」を取り上げたという。

091211la1.jpg
登壇したサイバーリスク総合研究所所長である新井氏

同氏は、パスワードクラックのための総当たり攻撃の演算など、コスト計算がしやすい「時間貸し」サービスへの懸念や、足がつきにくい攻撃の「発信元」として利用される危険など、クラウドコンピュータが攻撃者が犯罪に利用される実例に触れながら説明。スパムの発信元を提供する「The Spamhaus Project」では、すでに「Amazon EC2」のサーバがすべてブラックリストへ登録されていることを紹介した。

(Security NEXT - 2009/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も