Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パフォーマンス向上させたWindows端末向け統合セキュリティソフト - エフセキュア

エフセキュアは、Windowsクライアント端末向けセキュリティ対策ソリューション「エフセキュアクライアントセキュリティ」「エフセキュアアンチウイルスワークステーション」の最新版を順次発売する。

両製品は、ウイルスやスパイウェア、ルートキットなどの対策機能のほか、ファイアウォールやアプリケーション制御機能を提供するWindowsのエンドポイント向けセキュリティソリューション。

最新版となる「バージョン9.00」では、新機能であるブラウザ保護機能を搭載。ホストベースで不正侵入を防止する技術「ディープガード2.0」を提供する。IPv6へ完全対応したほか、起動時や使用時の負荷軽減やスキャンエンジンのパフォーマンスの向上、使用するメモリの低減など行った。

また、無償で提供される集中管理ソフト「エフセキュア ポリシーマネージャ」についてもユーザビリティを向上させた。対応OSを変更しており、Windows 7をあらたにサポートする一方、Windows2000 Professionalがサポート対象外となっている。

利用ユーザー数によって価格は異なり、100ユーザー利用時の場合、1ユーザーあたり「エフセキュアクライアントセキュリティ」は4500円。「エフセキュアアンチウイルスワークステーション」は3600円。

(Security NEXT - 2009/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも