Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ装うフィッシング攻撃が発生 - ロゴや類似ドメインを悪用

トレンドマイクロは、同社を装ってフィッシングサイトへ誘導するスパムメールが発生していることを報告した。

同社のウイルス解析チームが確認したもので、問題のスパムメールは、英文で「ウイルス対策テストの結果にトレンドマイクロが首位」としており、本文には、マルウェアのソーシャルエンジニアリングにおけるテストの実施内容など記載されていたという。

またHTMLによりトレンドマイクロのロゴが挿入されていたほか、同社に見せかけたドメイン「trndmcro.com」を利用している。ただし、スパムに記載されたURLやドメインはすでにアクセスできない状態だという。

(Security NEXT - 2009/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple