Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」のSMBプロトコル処理に脆弱性 - MSがパッチを準備中

プリンタやファイルの共有に用いられる「SMBプロトコル」に未解決の脆弱性が見つかり、マイクロソフトではセキュリティ更新プログラムの準備を進めている。

問題の脆弱性は、SMBの「KeAccumulateTicks関数」に含まれているもので、「Windows 7」や「Windows Server 2008 R2」においてサービス拒否を引き起こす可能性がある。ただし「Windows XP」や「Windows Vista」「Windows Server 2003」などは影響を受けない。

脆弱性を狙った不正コードがすでに公開されているが、マイクロソフトではコードが悪用されたり、被害報告などは寄せられていないという。同社では、脆弱性を解消するセキュリティ更新プログラムの開発を行っている。

同脆弱性に関する検証を実施したNTTデータ・セキュリティでは、実際に「Windows 7」の日本語版で、脆弱性を受けた場合にシステムがフリーズすることを検証して脆弱性を確認した。同社では、SMB2を無効にした場合でも脆弱性の影響を受けるため、攻撃を防御するには、ファイアウォールにより通信を制御することが有効であるとし、対策を呼びかけている。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (977544)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/977544.mspx

NTTデータ・セキュリティ
http://www.nttdata-sec.co.jp/

(Security NEXT - 2009/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
Intel、複数製品向けに脆弱性を修正するアップデート
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み
NVIDIA、「Jetson TX1/TX2」向けにアップデート - 脆弱性13件に対処
「GNU Wget」に任意のコードを実行される脆弱性
「Apache Tomcat」に脆弱性、サービス拒否のおそれ
「PowerDNS」の権威DNSサーバに脆弱性 - 「RESTfulモード」利用時に影響
MS、月例パッチで脆弱性64件を解消 - 2件はゼロデイ攻撃を確認済み
NVIDIA製GPUディスプレイドライバに複数の深刻な脆弱性