Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チャットで個人情報聞き出すあらたなフィッシング手口見つかる

RSAセキュリティは、メディア向けの説明会において海外で発生したチャットを利用するあらたなフィッシング攻撃の手口について報告した。同社ではチャットを介した攻撃であることから「チャットインザミドル(CITM)」と名付けている。

この攻撃手法では、従来同様フィッシングサイトに誘導して個人情報の詐取などを行うが、さらにIMのインタフェースをブラウザ上から立ち上げ、チャットを通じてリアルタイムに個人情報を入力させるなどソーシャルエンジニアリングの色合いが強い攻撃だという。

攻撃には、オープンソースのIM「Jabber」を悪用しており、サーバには、Fast-flux型のボットネットを利用することでIPが切り替わり、閉鎖などが難しいという。

091030rs.jpg
チャットにより情報を聞き出すという

現時点で攻撃は1件しか確認されておらず、発生したのも海外だった。海外ではチャットを利用したサポートサービスなども行われていることから、あらたなフィッシング手法として、同社では今後の攻撃の増加に警戒している。

同社マーケティング統括本部本部長の宮園充氏は、国内ではチャットによる企業のサポートサービスは、コンシューマーにとって比較的なじみが少なく、攻撃が拡大する可能性は少ないとしながらも、金融機関などサイト運営者は、アカウント情報を顧客へ問い合わせないことが重要であるとして注意を呼びかけている。

091030rs4.jpg
説明を行った宮園氏

(Security NEXT - 2009/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple