Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IIJセキュアMXサービス」にメール添付ファイルの暗号化機能が追加

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、企業向けメールサービス「IIJセキュアMXサービス」へ「添付ファイル暗号化機能」など情報漏洩対策機能を追加した。

同サービスは、同社が提供するゲートウェイサーバを利用してメールに関するセキュリティ機能を統合的に提供するASPサービス。

今回追加された「添付ファイル暗号化機能」では、送信メールの添付ファイルを、パスワード付きのzipファイルへ自動的に暗号化することが可能で、メールアドレスやドメイン、ファイルの種類など指定することもできる。

復号用のパスワードは、指定した時間の経過後に自動で送信することが可能で、ミスに気がついた場合は、送信停止用のワンタイムURLをクリックすることにより送信を中止できる。また手動も可能で、送信元へ通知される内容確認用のメールで確認した上で、送信することもできる。

(Security NEXT - 2009/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供