Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

道ですれ違いざまに拡散する不正プログラム

ドラゴンクエストシリーズといえば、国内屈指の有名ロールプレイングゲームだ。なかでも1988年に発売された「ドラゴンクエストIII」は、その人気ゆえに極度な品薄状態となり、子どもから脅し取る事件が発生するなど社会現象にまで発展した。

今も人気は衰えておらず、シリーズ最新作「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」が、7月はじめに携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」向けに発売されている。同作品も発売からわずか2カ月ちょっとで400万本を突破するなどベストセラーとなっている。

シリーズ開始当初は、データの書き換えができないロムカセットだった。その後大きく進化し、最新作では、端末に用意された無線通信機能などを発展している。無線機能を利用し、付近のユーザー同士がデータを気軽に交換できる「すれちがい通信」機能が話題で、最近ではテレビCMの放映も行われている。

しかし、こうしたゲーム機の進化の裏で、セキュリティの問題へ直面している。無線通信を通じて不正なデータが端末内部に侵入し、誤ってユーザーがデータへアクセスすると、ゲームの動作へ影響を及ぼすというのだ。

(Security NEXT - 2009/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
「UCカード」利用者狙うフィッシング攻撃に注意
従業員が顧客へ他顧客情報を漏洩 - 北洋銀
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ
10月のDDoS攻撃、検出件数や最大攻撃規模が前月から上昇
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
「HPE SAS SSD」が約3年9カ月で障害、データ回復不能に - 早急に更新を
自治体向けクラウド基盤で障害 - 9日の復旧目指す
Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声