Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESET製品が「JWord」を不審プログラムと検知 - キヤノンITSが回避方法をアナウンス

キヤノンITソリューションズは、「ESET Smart Security」「ESET NOD32アンチウイルス」において、JWordが提供している「JWordプラグイン」のインストーラーを不正である可能性を含んだプログラムとして検知する問題が発生したとして、回避方法をアナウンスしている。

同社では、「JWord」関連ファイルには悪意なく、同社が明示する仕様やプラバシーポリシーに反する情報の流出は確認されておらず、問題ないプログラムであるとの見解を示し、回避方法を紹介している。

「JWordプラグイン」は、他セキュリティ対策製品においても同様の修正が行われたケースがある。またスパイウェアであるとの見解を示しているセキュリティベンダーも存在している。

キヤノンITソリューションズ
http://www.canon-its.co.jp/

(Security NEXT - 2009/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
北朝鮮のトネリングツール「ELECTRICFISH」が明らかに
「SharePoint」脆弱性を狙う攻撃に注意 - 「China Chopper」を展開
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
複数の日系自動車関連企業にサイバー攻撃 - ベトナムのグループ関与か
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面