Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

閉鎖したフィッシング詐欺サイトは20万サイト超 - RSA

フィッシング対策サイトの閉鎖サービスを展開するRSAセキュリティは、ワールドワイドにおいて閉鎖したフィッシングサイトの件数が20万サイト以上に上ることを明らかにした。

EMCジャパンがRSAセキュリティを買収して3年を経過したことを契機に実施した記者向けに説明会で明らかにしたもの。RSAセキュリティの代表取締役である山野修氏によれば、毎日400サイトから500サイトを閉鎖しているという。

また今回の発表会で登壇したEMCジャパンの代表取締役社長である諸星俊男氏は、RSAセキュリティをはじめ、1998年以降50社に上る買収を展開している同社の戦略を紹介した。

同社の4本柱である「ストレージ」「仮想化」「コンテンツ管理」「情報セキュリティ」のひとつである情報セキュリティ分野においてRSAセキュリティをコアとし、Network Intelligenceをはじめ、TablusやVeridなどの買収を通じて技術を取得。EMCの強みであるデータ保護の分野と、RSAが得意とする認証やDLPの連携について説明した。

一方山野氏は、今後のRSAの展開について、情報漏洩事故など背景にログ監査ソリューションに注目が集まっていることや、パンデミックによる在宅勤務におけるセキュリティ対策など、同社に対して期待が寄せられているとし、従来より強みであるアイデンティティ分野の技術を中心としながら展開していくことを表明した。

090925rs.jpg
山野修氏(画面左)、諸星俊男氏(同右)

(Security NEXT - 2009/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
セブン銀行利用者狙うスミッシング - 「口座を一時停止」と不安煽る手口
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る