Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「GENOウイルス」による改ざんサイトは99件、フィッシング増加目立つ - セキュアブレイン調べ

セキュアブレインは、同社が提供するセキュリティチェックサービス「gred」により収集した不正サイトの状況を取りまとめた。

同社で検知した危険なウェブサイトは2935件で、前回調査の2637件から1割強の増加。なかでも「フィッシング詐欺」が拡大しており、655件から1143件へと跳ね上がった。前回調査において1263件でトップだったワンクリック詐欺も依然として多数見つかっており1029件を観測している。

セキュアブレイン8月調査

検知件数は少ないものの増加率の面では、「不正攻撃サイト」も前回調査の4倍にあたる136件だった。不正改ざんサイトは540件から492件へ減少した。

「Gumblar」「JSRedir-R」や一部で「GENOウイルス」などとも呼ばれるウイルスが原因と見られる改ざんもは、492件中、約2割あたる99件だった。一方、スパイウェアやワームが埋め込まれたサイトはあわせて24件と低水準で、ウイルスが検出されたサイトの検知はなかったという。これら以外のマルウェアが埋め込まれたサイトは105件だった。

今回同社ではあらたに通販に見せかけて個人情報を取得するサイトについても、フィッシング詐欺として検出を開始しており、228件を確認。英文などを利用してウェブサイトへ誘引し、個人情報を入力させる手口が多く、「ネット限定」や「試供品」「特別な情報」といったキーワードなどに注意するよう同社では呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
「情報処理安全確保支援士」に2206人が新規登録 - 経過措置対象者が6割強
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
EUに拠点や顧客を持つ半数超の企業がGDPRに無頓着 -「気にせず移転」も15%
委託先の選定、セキュリティ対策が最優先とする企業は4.6%
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査