Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mozilla、重要度「最高」3件を含むFirefoxの複数脆弱性へ対応

Mozillaは、複数の脆弱性を解消した「Firefox 3.5.3」「同3.0.14」の提供を開始した。

「Firefox 3.5.3」では、「FeedWriter」によりChromeの特権昇格が発生する問題「MFSA 2009-51」をはじめ、ツリー列のダングリングポインタの脆弱性「MFSA 2009-49」、メモリ破壊の形跡があるクラッシュ「MFSA 2009-47」など重要度が「最高」と設定されている3件の脆弱性へ対応。さらに重要度「低」のロケーションバーにおけるUnicode処理の問題「MFSA 2009-50」を改善した。

また「同3.0.14」では、これら4件の脆弱性にくわえ、重要度「中」のPKCS11モジュールのインストールと削除に関する問題「MFSA 2009-48」に対応した。

Mozilla Japan
http://mozilla.jp/

(Security NEXT - 2009/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
プリンストン製モバイルストレージに複数の脆弱性
「Movable Type」向け会員制サイト構築用プラグインなどにSQLiの脆弱性
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート