Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックと日立情報、事業継続マネジメントの教育で協業

日立情報システムズとラックは、事業継続マネジメント(BCM)ソリューション分野で協業すると発表した。

日立情報の在宅勤務ソリューションやデータセンターといった技術と、ラックのセキュリティ分野における強みを活かし、システム障害、自然災害、インフルエンザの流行といったリスクやCSRなど、事業継続分野に関する教育事業で協業するもの。

両社は、10月下旬より「BS25999」に準拠したカリキュラムの「実習型教育サービス」を展開。組織の実務に即したBCMの基礎計画を策定を支援する。また両社ではサービスを体系化し、BCM構築支援ソリューションとしてワンストップで提供する。

(Security NEXT - 2009/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ
富士通、事業継続や投資面から企業のセキュリティ計画を支援
NTTデータ、「フォレンジック・ラボ」を設立 - マルウェア解析や証跡保全技術を研究
ALSOK、事業継続計画の対策サービスをワンストップで提供
NTTアイティ、BCPに特化したリモートアクセスサービス
ラック、標的型攻撃で駆除前に確認必要な「ウイルスの影響」を調査するサービス
ネットエージェント、ウェブ攻撃対策をワンストップで提供
NRI、BCM成熟度の評価サービスを提供 - 初回診断は無料
企業の効率的なリスク管理を支援する「RSA Archer eGRC Platform」
EMCジャパン、IT事業継続の実装プランを最短3カ月で策定するサービス