Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

子会社の従業員情報流出を指摘する匿名文書届く - VSN

VSNは、同社子会社であるVSNマイストの従業員情報が外部へ流出したと発表した。

同社親会社であるVSNへ、同社従業員の個人情報流出を指摘する文書が匿名で届き、判明したもの。流出したのは、2007年7月時点の従業員35人分で、氏名、住所、家族構成、緊急連絡先のほか、学歴や職歴、給与、出身地など含まれる。

同社によれば、届いた書面には個人情報が保存されたUSBメモリを2008年に拾得したものの、すでに廃棄しているとの内容が記載されていたという。同社では従業員へ謝罪、流出原因について紛失や盗難などの可能性を踏まえ、警察へ相談しながら詳細を調べている。

(Security NEXT - 2009/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要
患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 - 神戸中央病院
イベントチラシに一般出演者の氏名掲載でトラブル - 横浜市
個人情報をウェブサイトに誤記載 - 多摩市立図書館
1年前に医師が患者情報を紛失、匿名で届き発覚 - 広島病院
4年前の個人情報入りUSBメモリ紛失、匿名で届き発覚 - 大阪市
国内に多数のアノニマスFTP - うっかり情報公開に注意を
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 熊本総合病院
厚労省、個人情報をサイトに一時誤掲載 - 申請や承認時にミス気付かず
職員個人契約のサーバから外郭団体名簿が流出 - 有権者情報は否定