Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が患者カルテをインスタ投稿、個人情報が残存 - 仙台市立病院

仙台市立病院の職員が、患者のカルテを撮影した画像を自身のSNSに投稿し、外部より閲覧できる状態だったことがわかった。

同院によれば、4月15日ごろ、職員が業務の参考にするため患者1人の電子カルテの内容を印刷したものをスマートフォンで撮影。写真データを保存する目的で自身のInstagramに投稿したもの。5月15日に外部から匿名で電話があり判明した。

投稿した際、職員は患者の個人情報をすべて削除したつもりだったが、写真の一部分に氏名やID、病名が残っており、約1カ月間にわたり閲覧できる状態だったという。

指摘を受けた同日、Instagramから画像を削除した。同院では対象となる患者に電話で連絡を取り、事情の説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2024/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

1月のランサム被害に関するあらたな情報流出を確認 - 綜研化学
ぐんまフラワーパークの元指定管理者が個人情報を不正利用
都再委託先でランサム被害 - データにはパスワード設定
「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応
海外子会社へのサイバー攻撃、国内サーバでも痕跡確認 - フジクラ
イベント応募フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 松竹
メール誤送信で救命サポーターのメアド流出 - 奈良市消防局
法律相談の予定表、相談者が誤って持ち帰る - 茨城県
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA