Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化対策製品を強化、暗号化状態で閲覧や編集が可能に - 富士通BSC

富士通ビー・エス・シーは、暗号化ソフト「FENCE-Pro」に新機能「FENCEブリーフケース機能」を追加し、提供を開始した。

フォルダやファイルを暗号化する「FENCE-Pro」やゲートウェイ型メール暗号化ソフト「FENCE-Mail For Gateway」の機能を補完する「FENCEブリーフケース機能」を追加したもの。

同機能を利用することにより、各製品で暗号化した状態で閲覧や編集を実現。外部への持ち出し時に復号化後の残存データが漏洩することを防止する。またインターネット上からダウンロードできる「FENCEブリーフケース復号ツール」により、外部とデータをやりとりする際も暗号化した状態で行える。

(Security NEXT - 2009/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール