Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FTPアカウント盗難によるウェブ改ざん被害で加害者に - IPAが注意喚起

ウェブサイトが改ざんされ、ウイルス配布の加害者となってしまうケースがあるとして、ウェブサイトの管理者に対して情報処理推進機構(IPA)が注意を呼びかけている。

ウイルスなどを通じて、ウェブのメンテナンスに利用するFTPのアカウントが盗まれ、ウェブサイトが改ざん、不正なスクリプトが埋め込まれるケースが発生していることから注意喚起を行ったもの。同機構に対して、ウェブサイトでウイルスが検知されたケースや感染したといった相談が寄せられているという。

同機構では、ウェブサイトの運営者へ公開ページやローカルに保存されているファイルについて、見た目では判断できないことから「ソース」を参照し、被害を受けていないか確認するようアナウンス。またFTPのアクセスログやアクセス制限、改ざん検知システムの導入など対策を呼びかけている。

さらに利用者からの通報により判明するケースもあり、連絡がつかず放置された場合に被害が拡大すると指摘。メールアドレスなど連絡先を記載しておくことを推奨している。

被害発生時には、パスワードの変更はもちろん、対応後も改ざんが発生する場合にはローカルのパソコンがスパイウェアなどに感染している可能性があるとして、初期化など対応が必要と説明している。

また修正など実施し、再度公開する際は利用者に対して注意喚起や謝罪文の掲載、利用者からの問い合わせ窓口の設置など対応を実施することを勧めているほか、同機構へ届け出を行ってほしいと呼びかけている。

情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2009/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀
NEC製ルータ「Aterm」シリーズ2機種に複数脆弱性
セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集
OTPトークン盗み不正アクセス、奈良県職員が懲戒免職
マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託
山形市、ふるさと納税者約1万人の個人情報が流出、一部与信情報も - 関係者を処分
新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
エキストラ登録者へのメールで誤送信 - 牛久フィルムコミッション
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市