Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

報道減るも今だに感染を広げる「Conficker」

F-Secureは、2009年第2四半期を総括し、注目すべきトピックとして「Confickerワーム」やPDFファイルの脆弱性、サイバー犯罪に対する国際協調を挙げている。

同社は総括のなかで、「Downadup」や「Kido」といった別名でも知られる「Conficker」ワームについて、「近年最大のマルウェアといっても過言ではない」とその危険性を改めて指摘した。

セキュリティ業界が協力し、対策に成功を収めた点を評価しつつも、一方で前四半期に比べメディアへの露出が低くなっているが、依然として感染拡大が広がっているとして注意を呼びかけている。

また標的型攻撃に利用されるファイル形式が、2008年はWordファイルが中心だったが、2009年前半にはPDFファイルへ移行しているとし、Adobe Systemsが対策に乗り出していることを取り上げた。

金銭目的の攻撃が増加するサイバー犯罪については、米オバマ大統領が5月に「サイバーセキュリティ対策計画」について演説したことに触れ、こうした国境を超えた協力体制に対し同社では歓迎の意を表明している。

エフセキュア
http://www.f-secure.co.jp/

(Security NEXT - 2009/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応