Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

報道減るも今だに感染を広げる「Conficker」

F-Secureは、2009年第2四半期を総括し、注目すべきトピックとして「Confickerワーム」やPDFファイルの脆弱性、サイバー犯罪に対する国際協調を挙げている。

同社は総括のなかで、「Downadup」や「Kido」といった別名でも知られる「Conficker」ワームについて、「近年最大のマルウェアといっても過言ではない」とその危険性を改めて指摘した。

セキュリティ業界が協力し、対策に成功を収めた点を評価しつつも、一方で前四半期に比べメディアへの露出が低くなっているが、依然として感染拡大が広がっているとして注意を呼びかけている。

また標的型攻撃に利用されるファイル形式が、2008年はWordファイルが中心だったが、2009年前半にはPDFファイルへ移行しているとし、Adobe Systemsが対策に乗り出していることを取り上げた。

金銭目的の攻撃が増加するサイバー犯罪については、米オバマ大統領が5月に「サイバーセキュリティ対策計画」について演説したことに触れ、こうした国境を超えた協力体制に対し同社では歓迎の意を表明している。

エフセキュア
http://www.f-secure.co.jp/

(Security NEXT - 2009/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意