Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メモリ破壊防ぐC言語処理系の最新版 - RCIS

産業技術総合研究所情報セキュリティ研究センター(RCIS)は、メモリ操作の安全性を保証する「ANSI C言語」の処理系「Fail-Safe C Version 1.5」を公開した。

同プログラムは、メモリ操作の安全性を確保できる「ANSI C言語」に準拠した処理系。メモリにおける実行状態の破壊や乗っ取りなど防止できる。同センターのソフトウェアセキュリティ研究チームの大岩寛氏が開発したもので、2008年4月より正式公開版となるVersion 1.0が公開されている。

今回のバージョンアップでは標準関数への対応を強化したほか、「ARM」「MIPS」などサポートするプロセッサを追加した。実際の動作環境だけでなく、別のプラットフォームで開発が行える「クロス開発」に対応している。同センターでは引き続き開発を進める予定。

(Security NEXT - 2009/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
指紋認証機能を搭載したクレジットカード - 凸版印刷
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量