Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中規模向けセキュリティ診断、コンサルサービスを開始 - NTT西日本

NTT西日本は、セキュリティの対策状況について診断を行い、改善策を提案する中規模企業向けサービスを6月1日より開始する。

今回同社が提供を開始する「情報セキュリティセレクト診断サービス」は、中規模企業を対象にセキュリティの診断や対策に関するコンサルティングを提供するもの。同社の営業エリアである西日本地域で展開する。

すでに提供している「情報セキュリティ監査サービス」のノウハウを活用し、診断対象範囲を中規模企業に絞り込むことで価格を抑えた。「外部記憶媒体」や「業務パソコン」における取り扱い状況の診断、「サーバ」の運用管理状況、「公開サーバ」の技術的対策状況のほか、これらすべてを診断する「フル診断プラン」など5種類のプランを用意している。

(Security NEXT - 2009/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
2020年の「Windows 7」「Office 2010」のサポート終了視野に移行支援を展開 - 富士ソフトら
GDPR対応状況を簡易診断できる無償チェックリスト - KPMGコンサル
NRIセキュア、海外拠点を実地調査するアセスメントサービス