Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ASP・SaaS事業者による医療情報の取扱ガイドライン」でパブコメ実施

総務省は、「ASP・SaaS事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン案」についてパブリックコメントを実施している。募集締め切りは6月18日。

同案は、医療情報を処理するASPやSaaS事業者における安全性の確保について一定の基準を示すガイドライン案。総務省とASPICが合同で設立した「ASP・SaaS普及促進協議会」の「医療・福祉情報サービス展開委員会」において、医療情報の安全性や利用促進などを念頭に検討を進め、策定した。

医療情報は、取り扱いにおいてより高度なセキュリティ対策が必要とされ、従来より医療関係者は関連法規やガイドラインで安全管理措置が義務づけられている。一歩で技術の発展により医療関係者がこうした対応が困難だったり、医療機関ではないASPやSaaS事業者がサービスを提供する状況が生まれている。

今回のガイドライン案ではこうした現状を踏まえ、ASPやSaaS運営事業者が分担する責任や、安全管理における要求事項、契約や合意の考え方や注意点など取りまとめられている。

(Security NEXT - 2009/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
欧州委員会、日本の十分性認定を閣議決定 - 手続きを準備
ビルシステムのセキュリティ対策ガイドラインベータ版を公開 - 経産省
GDPRにおける個人データ侵害通知のガイドラインなどに日本語仮訳
電気通信事業者によるサイバー攻撃対処案 - パブコメ実施
「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」の第2版が決定
「証拠保全ガイドライン第7版」を公開 - IDF
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施