Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会の事務局がJPCERT/CCに

フィッシング攻撃に関する情報収集や注意喚起といった活動を実施しているフィッシング対策協議会は、事務局を変更したと発表した。

同協議会は、クレジットカード事業者やセキュリティ事業者などを中心に2005年4月に設立された団体。内閣府や警視庁、総務省、経済産業省など府庁がオブザーバを務めている。

フィッシング情報の集約やデータベース化、注意喚起用資料の作成のほか、マスコミ、事業者、一般消費者向けに情報を提供するなど活動を展開している。今回、4月1日より事務局が日本情報処理開発協会からJPCERTコーディネーションセンターへ変更となった。

(Security NEXT - 2009/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
「カードが虐待されている」? - セゾンカード装うフィッシング攻撃に注意
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口