Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SIPの脆弱性検証ツールを開発者向けに無償貸出 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、VoIPなどに用いられるプロトコル「SIP」の脆弱性を検証できるツールを開発し、開発者へCD-ROMの貸し出しを開始した。

同ツールは、同機構がSIPに関する既知の脆弱性について解説した「SIPに係る既知の脆弱性に関する調査報告書」の内容を実際に検証できるソフトウェア。報告書に収録している22項目の脆弱性のうち、6項目、30シナリオについて検証し、脆弱性の有無を確認できる。

IPAによれば、今までSIPに関する脆弱性は個別に対応されてきたため、体系的に検証するツールがなく、既知の脆弱性を含むソフトウェアが開発されるケースがあったと今回提供に至った背景を説明している。

またIPAでは、SIP/RTPの暗号化に関してカテゴリを追加収録した「SIPに係る既知の脆弱性に関する調査報告書 改訂第2版」の公開もあわせて開始しており、開発者はウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2009/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
富士通研、複数ブロックチェーンを接続する新技術 - トランザクション同期も
公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化
「ReadyNAS Surveillance」の脆弱性に対する攻撃 - 継続的に観測
自動走行車両セキュリティの政府事業を受託、評価手法の国際標準化も視野に - DTRS
総務省、「IoTセキュリティ総合対策」を公表 - 脆弱性対策や人材育成を提言
NTTコムとNTTPC、IoTセキュリティ基盤の有用性を検証する実証実験
DNSの運用変更で総務省など注意喚起 - 9月19日までに対応を
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
ブロックチェーンによる「本人確認」システム - マネロン対策などに活用