Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SIPの脆弱性検証ツールを開発者向けに無償貸出 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、VoIPなどに用いられるプロトコル「SIP」の脆弱性を検証できるツールを開発し、開発者へCD-ROMの貸し出しを開始した。

同ツールは、同機構がSIPに関する既知の脆弱性について解説した「SIPに係る既知の脆弱性に関する調査報告書」の内容を実際に検証できるソフトウェア。報告書に収録している22項目の脆弱性のうち、6項目、30シナリオについて検証し、脆弱性の有無を確認できる。

IPAによれば、今までSIPに関する脆弱性は個別に対応されてきたため、体系的に検証するツールがなく、既知の脆弱性を含むソフトウェアが開発されるケースがあったと今回提供に至った背景を説明している。

またIPAでは、SIP/RTPの暗号化に関してカテゴリを追加収録した「SIPに係る既知の脆弱性に関する調査報告書 改訂第2版」の公開もあわせて開始しており、開発者はウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2009/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、「情報セキュリティサービス基準」リストを更新 - 新登録45社
「Interop Tokyo」がオンラインイベント開催 - アワード発表も
セキュ製品が期待通り機能せず、侵害発生後に判明 - 半数が経験
「Interop Tokyo 2017」が開催中 - セキュリティ関連ブースをチェック
ID-based Securityイニシアティブが発足
4月開催「Interop Tokyo 2020」が中止に - コロナ状況の見通し立たず
IoTシステムのセキュリティ実装でチェックシート - SIOTP協議会
IPA、セキュ製品有効性検証の課題抽出で協力製品募集
デンソーとNTTコム、コネクテッドカーの脅威検知解析で技術検証
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加