Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SIPの脆弱性検証ツールを開発者向けに無償貸出 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、VoIPなどに用いられるプロトコル「SIP」の脆弱性を検証できるツールを開発し、開発者へCD-ROMの貸し出しを開始した。

同ツールは、同機構がSIPに関する既知の脆弱性について解説した「SIPに係る既知の脆弱性に関する調査報告書」の内容を実際に検証できるソフトウェア。報告書に収録している22項目の脆弱性のうち、6項目、30シナリオについて検証し、脆弱性の有無を確認できる。

IPAによれば、今までSIPに関する脆弱性は個別に対応されてきたため、体系的に検証するツールがなく、既知の脆弱性を含むソフトウェアが開発されるケースがあったと今回提供に至った背景を説明している。

またIPAでは、SIP/RTPの暗号化に関してカテゴリを追加収録した「SIPに係る既知の脆弱性に関する調査報告書 改訂第2版」の公開もあわせて開始しており、開発者はウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2009/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中部電とDNP、「地域型情報銀行」の実証事業を開始
中小企業向けのIoT品質確認チェックリスト - IPA
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
電通テック、パーソナルデータの管理と活用で新会社
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
「情報セキュリティサービス基準」の適合サービスリストを公開 - IPA
IoTセキュアGWの実証実験、有効性確認の一方で誤検知も - 総務省