Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元職員がメールアドレスを持ち出し、個人的な事業案内に利用 - 大阪市の財団法人

大阪市都市型産業振興センターの元職員が、在職中に担当していたセミナーの申込者305人分のメールアドレスを利用し、個人的な事業の案内を送付していたことがわかった。

不正に利用されたのは、同センター主催のセミナー「ナレッジセミナー 今日から始められるコスト削減・成功の秘訣!」に申し込んだ305人のメールアドレス。

2009年3月末に退職した元職員が持ち出したもので、4月21日10時20分ごろ、退職後に始めた個人的な事業に関する案内をアドレスを利用して送付。メールの受信者から同日中に問い合わせ寄せられ、不正利用が発覚した。

同センターでは元職員が持ち出したアドレスデータを回収し、関係者にメールで説明と謝罪を実施。アドレスが第三者に流出した事実は確認されていないという。また大阪市では、同センターが同市の中小企業支援拠点「大阪産業創造館」の指定管理者であることから、個人情報の管理強化を指導するなど再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2009/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

元職員が個人情報含む内部情報を持ち出し - 農畜産業振興機構
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
退職時に事業ノウハウ持ち出した元従業員が書類送検 - KCCS
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社
転居先住所を本人の意志に反して提供 - 仙台市
非常勤講師が持ち帰った答案用紙を紛失 - 金沢星稜大