Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客の個人情報含むサーバが不正アクセス被害に - 国際システム

コンピュータシステムの開発や販売を手がける国際システムのウェブサイトが不正アクセスを受け、個人情報が流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、3月16日に製品紹介用のウェブサーバが不正アクセスを受け、何者かが侵入したという。同社では不正アクセスの形跡を確認し、問題のサーバを停止したが、サーバ内には2005年1月以降に利用した顧客情報が残存していた。

同社では事故について調査を進めているが、個人情報が不正に使用されたといった報告は受けていないと説明している。同社では関連する顧客へ事情の説明や謝罪を行っており、調査結果についても随時報告するとしている。

(Security NEXT - 2009/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明