Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自社のデータセンターを活用したSaaS型メールセキュリティサービス - セキュアヴェイル

セキュアヴェイルは、SaaS型メールセキュリティサービス「Secure Message for SaaS」を、5月1日から提供開始する。

同サービスは、同社のデータセンター「セキュアデリゲーションセンター」を活用し、スパム、ウイルス対策、アーカイブ、ログ収集などメールセキュリティ機能をSaaS形式で提供するもの。

送受信されたメールは同センターでスパムチェックおよびウイルスチェックされ、チェック済みのメールのみ保存される。必要な機能や容量を選択することが可能で、費用を抑えることができる。またオプションとして、メールサーバやウェブサーバ、ファイアウォール、不正侵入検知装置の運用サービスを用意した。

月額利用料は、25アカウント含む1サービスユニットでスパム対策が4462円。ウイルス対策が2100円。アーカイブが5250円。ログレポートが3937円。全機能利用の場合は1万5750円。

(Security NEXT - 2009/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
A10、ADCの一元管理ソリューションをリリース
セキュアブレイン、サイト改ざん検知のオンプレミス製品
デジタルアーツ、「FinalCode」のAD連携を強化
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応
シマンテック、ホスティング事業者向けに新サービス - SSL証明書の利用拡大目指す
マクニカ、ブランド価値を毀損するリスクの可視化サービス
NTTコム、閉域ネットワーク上で「Box」を利用できるサービス