Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検索エンジンの上位表示にも危険潜む - Pandaが注意喚起

Panda Securityは、「Blackhat SEO」により検索エンジンで上位表示を獲得し、偽ウイルス対策ソフトの配布に悪用されている事例を複数観測したとして注意を呼びかけている。

「Blackhat SEO」は、本来推奨されていない方法なども駆使し、特定のキーワードで検索エンジンの上位表示を獲得するテクニック。誤ってアクセスすると不正ソフトをダウンロードさせようとするサイトへ転送される。同社では「Pandora Software」など偽アンチマルウェア製品の配布に利用されているケースを確認している。

同社が「Cinderella Full Story In Script」といったキーワードをGoogleで検索したところ、最上位に不正サイトのリンクが表示されたという。

こうしたキーワードは事例だけでも100件に上っており、「Panda Scan Online」「Free Online Scan Malware」「Find Norton Antivirus Gaming Edition Pro」「Avast Free Scan And Remove」などセキュリティ関連のキーワードがハイジャックされたケースも含まれていた。

(Security NEXT - 2009/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
政府主催サイバー対策イベントのドメインにアダルト広告サイト
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
音楽教室の顧客情報がネット上に流出 - 宮地楽器
「WannaCrypt」騒ぎの裏で情報窃取マルウェアがメールで大量拡散 - 半数は「駐禁報告書」偽装
韓国で流行した新手の不正送金マルウェアが国内上陸 - 不正送金被害も
セシールの偽サイトに注意 - 検索エンジンで誘導されるケースも