Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生

1月に修正された「Oracle Fusion Middleware」の脆弱性を悪用する攻撃が確認された。3月以降、実証コードも複数公開されており、悪用されるリスクが高まっている。

「Oracle Access Manager product」に含まれるシングルサインオンのコンポーネント「OpenSSOエージェント」にリモートよりコードの実行が可能となる深刻な脆弱性「CVE-2021-35587」について悪用が確認されたもの。

Oracleでは1月の定例パッチにて同脆弱性へ対処した。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、重要度は「クリティカル(Critical)」とされている。

悪用されていることが確認されたとして、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)では11月28日に同脆弱性を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」に追加した。攻撃の具体的な内容は明らかとなっていない。

同脆弱性については、Oracleへ脆弱性を報告したセキュリティ研究者2人が、概念実証コード(PoC)を3月に公開。その後も複数のコードが公開されている。

オンラインに接続されたデバイスの検索エンジンを提供するCensysの研究者によると、米国や中国、ドイツ、シンガポール、カナダなどのユニークなIPアドレス6件から、脆弱性を悪用する試みを観測しているという。

(Security NEXT - 2022/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
Oracleが定例アップデート公開 -のべ327件の脆弱性を修正
「ManageEngine」24製品に深刻な脆弱性 - 悪用容易、アップデートを