Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新社会人の7割弱が「匿名なら会社の出来事をブログに書いてもいい」 - トレンドマイクロ調査

トレンドマイクロは、企業情報に関するブログへ書き込みや情報漏洩などについてアンケート調査を実施し、結果を取りまとめた。

2009年4月1日に就職予定の新社会人310人と、すでに就職している20才以上の正社員721人を対象に、2月9日から10日にかけて調査した。有効回答数は1031人。

同調査によると、社会人の60.7%と新社会人の67.7%が、氏名や勤務先が匿名であれば会社での出来事をブログに書き込んでも構わないと考えていることがわかった。その一方、社会人の68.8%と新社会人の62.9%は、他人が無断で自分の言動をブログに書き込むのは許せないと回答するなど、自分と他人に対する態度にギャップがあることがわかった。

匿名でも内容から企業や個人が特定できるケースもあり、企業の機密情報漏洩へつながる可能性もあることから、トレンドマイクロでは個人レベルでの情報発信のルールまで踏み込んだセキュリティ教育が急務だと指摘している。

情報漏洩などを引き起こした場合の人事評価について尋ねたところ、社会人の46.6%と新社会人81.2%が「影響する」と考えていることがわかった。社会人の53.4%を大きく上回った。社会人は37%が、注意を受けるだけで評価に影響はないとの回答が目立った。

新社会人に、これから学びたいセキュリティに関する情報や技術などを聞いたところ、「第三者に情報漏洩しにくくする方法(65.9%)」、「OSのセキュリティを高める設定・運用(57.7%)」、「危険なウェブサイトかどうかの見極め方(54.2%)」と、具体的な対策法を求める声が目立ったという。

(Security NEXT - 2009/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱