Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先がスポーツ指導者の個人情報含む書類を誤送付 - 日本体育協会

日本体育協会は、委託先で書類の誤送付が発生し、スポーツ少年団指導者約500人の個人情報が流出したと発表した。

誤送付が発生したのは、3月10日に京都府内のスポーツ少年団宛てに発送された「平成21年度用スポーツ少年団登録用紙」。委託先が書類を封入した際、誤って別の団体の書類を封入して発送した。

書類には、スポーツ少年団145団分の指導者約500人の氏名、住所、電話番号、年齢、性別などが記載されていた。書類を受け取った指導者からの指摘で判明した。

同協会では今回の事故を受け、委託先の監督強化など再発防止に取り組むという。

(Security NEXT - 2009/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構
県南健康福祉センターで個人情報記載書類を誤送付 - 栃木県
データ登録ミスでマイナンバー含む個人情報を漏洩 - 野々市市
マイナンバー含む税額決定書の誤送付が2件発生 - 川口市
マイナンバー含む税額決定通知書を誤送付 - 大網白里市
マイナンバー含む税額決定通知書の誤送付が判明 - 千葉市
事務処理ミスでマイナンバー含む税額決定書を誤送付 - 小林市
税額決定通知書で誤記載、マイナンバーなど個人情報 - 美馬市