Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先医療機関が他社の健診結果を誤送付 - ITS健保

関東ITソフトウェア健康保険組合は、健康診断業務の委託先が健診結果データを送付する際、異なるデータを誤送付する事故が発生したことを公表した。

同組合によれば、健康診断業務を委託している慈恵医大晴海トリトンクリニックが、2023年12月8日に健康診断を行った事業所へ健診結果データが保存された光ディスクを送付したところ、関係ない13社117人の健診結果データが保存されていた。

1月5日に記録メディアを受領した事業所から同院に連絡があり問題が判明した。光ディスクやデータは事業所において破棄され、データの外部流出がないことを確認した。

同組合では、関東信越厚生局と個人情報保護委員会に報告を行っている。

(Security NEXT - 2024/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開