Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カードローン利用明細を送付ミス、他人の明細が混入 - 八十二銀

八十二銀行は、顧客590人へ郵送したカードローンの取引明細に、委託先の人為的ミスが原因で関係ない別の顧客の明細が混入していたことを明らかにした。

誤送付が発生したのは、顧客の氏名、住所、カードローン口座番号、カードローン取引履歴などが記載されている「カードローン取引照合表」。3月12日に照合表を受け取った複数の顧客から別人の照合表が混入しているとの連絡があり、問題が判明した。

同行では、照合表の印刷や封入、発送処理を日本IBMに委託しており、同社ではさらに小林クリエイトへ再委託していた。同行の調査によれば、再委託先の担当者が封入する機械の操作を誤ったため、別人の照合表が混入、そのまま発送されたという。

同行では誤送付の対象となった顧客を個別に訪問して、事情を説明て謝罪し、照合表を回収した。590人のうち、210人に関しては未開封のまま回収することができたという。また、情報の不正利用など二次被害の連絡も受けていないとしている。

(Security NEXT - 2009/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学校が提出した個人情報含む書類を紛失 - 横浜市
印影など含む伝票約2.2万件が所在不明 - JA札幌
顧客情報記載の帳票が所在不明 - JAおおふなと
2支店で顧客情報記載の伝票紛失が判明 - 東京東信金
7店舗で休眠口座の印鑑届4795件を紛失 - 佐賀銀
患者情報1615件含む書類が所在不明 - 中電病院
学会配布の麻酔台帳ソフトに患者情報が混入 - バグ修正時のデータが残存
8支店で顧客情報9500件が所在不明 - 北海道銀
「IIJmio」の顧客情報保存した記憶媒体が所在不明
7支店で共済申込書の紛失が判明 - JAいび川