Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで

次世代医療基盤法の認定事業である「千年カルテ」において、一部医療情報を本人へ通知することなく取得、利用していたことがわかった。

同サービスは、同法に基づき、医療機関より提供を受けた患者の医療情報について統計処理や匿名加工を行った上で製薬会社や研究機関などに提供するデータベースサービス。

同事業はライフデータイニシアティブ(LDI)が認定匿名加工医療情報作成事業者となり、2019年にスタート。認定受託事業者であるNTTデータがシステムを運用している。2022年8月末の時点で168万件の二次利用可能な患者の医療情報が登録されている。

同法では認定事業者が医療情報を取得する際、提供元の医療機関が本人に対して事前に通知することを定めているが、プログラムに不具合があり、電子カルテシステムやレセプトシステムよりNTTデータが収集したデータに、患者本人に対して通知を行っていない医療情報最大約9万5000件が含まれていた。

NTTデータでは、データが混入していた期間など詳細を調べている。問題のデータが混入したデータベースを用いて二次利用サービスを提供していたが、第三者に提供された情報については、同法の基準に従って特定の個人が識別できないよう匿名加工処理が行われていたとしている。

(Security NEXT - 2022/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開