Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県営住宅の入居者情報や家賃滞納記録などを紛失 - 鳥取県

鳥取県の職員が、県営住宅入居者の個人情報や家賃滞納金の管理情報などが記録されたUSBメモリを、出張先で紛失したことがわかった。

所在が不明となっているメモリには、県営住宅15団地に入居している243世帯に関する個人情報や滞納金管理状況の記録が保存されていた。2007年3月時点の入居世帯主の氏名、入居年月日、部屋番号、家賃額のほか、2006年3月から2007年3月までの間に滞納金があった入居者の記録などが含まれる。

3月11日、行政監察監建設事業評価室の職員が米子に出張した際、USBメモリを入れていたセカンドバッグごと紛失。同日中に米子駅や警察へ被害を届け出た。同県では、県外転出者も含め関係者に説明と謝罪を行っている。

同県では、USBメモリの取り扱いに関する規定をまとめた要領案を用意している最中だったという。同県では今回の事故を受け、運用開始の準備を進めているという。

(Security NEXT - 2009/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か