Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公的個人認証サービスの電子証明書が累計100万件を突破

総務省は、公的個人認証サービスの電子証明書の発行件数が、累計100万件を突破したと発表した。

公的個人認証サービスは、オンラインによる行政手続きを行う際に本人確認を行うことができるよう、地方自治体が電子証明書を発行しているしくみで、2009年2月末の時点で約104万件となり、100万件を突破した。

2007年末から2008年3月にかけて利用者が増加して約71万件を突破したものの、以降利用者の鈍化していたが、2009年1月より再び利用者の増加割合が高まり、2008年12月からのわずか2カ月で20万件以上が発行された。

同サービスで発行される電子証明書は、国税の電子申告制度「e-tax」で利用することが可能。2007年度、2008年度には、同制度を利用した申告に対する減税措置が設けられており、発行数の増加を後押ししている。

また総務省は、利用促進が進んだ理由のひとつに、設定の簡略化を挙げた。同省によれば、従来はサービスの利用にあたり、JREのインストールなど利用まで46クリックが必要だったが、12クリックまで作業を減らしたという。

総務省
http://www.soumu.go.jp/

(Security NEXT - 2009/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル