Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム障害で多額の誤発注が発生、東証が取消 - UBS証券

UBS証券においてシステムに不具合があり、東京証券取引所のToSTNeT市場で誤発注が発生した。

同社が2月25日、売りと買いを同時に発注するクロス取引により、カプコンの第5回新株予約権付き社債3000万円分を発注しようとしたところ、誤って3兆円の注文を行い、約定したという。

UBS証券によれば、誤発注の原因はシステムのトラブルで、東証では決済の履行が極めて困難とし、売買を取り消した。

今回の誤発注による影響で同銘柄の売買が終日にわたり停止。同社では市場関係者に対し、迷惑をかけたとして謝罪した。

UBS
http://www.ubs.com/japan/

(Security NEXT - 2009/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高速道路の情報板に「ミサイル落下情報通行止」と誤表示 - NEXCO西日本
「電力需給ひっ迫」との緊急速報メール、約200万件超へ誤送信
福岡県で退職職員のマイナンバーを誤送付 - プログラムの不具合か
プログラムミスで健診受診表1万7000人分に表記ミス - 富山県高岡市
メルマガ配信システムのバグで個人情報流出 - フォントメーカー
マイナンバー通知書の宛名台紙に無関係の文字が印字 - 久留米市
関係ないメアドがCCに、不具合が原因と説明 - 京大生協
自動交付機に不具合、住民票出力時に個人番号印字されず - 船橋市
楽天証券、追証を関係ない顧客へ誤って通知
ネット接続するオフィス機器では適切なアクセス制限を - 複合機問題でIPAが注意喚起