Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市営病院の職員が車上荒らし被害、患者情報含む私用PC盗難 - 中津川市

中津川市は、国保坂下病院の医療技術職員が自宅で車上荒らしに遭い、患者情報99件が保存されたパソコンを盗まれたと発表した。

被害に遭ったのは、職員個人が所有するパソコンで、同院で摂食機能療法を受けている患者56人の氏名、年齢、担当医、病名、現病歴のほか、言語療法を受けている患者43人の氏名、現在の症状、訓練方法の紹介などが保存されていた。

1月26日早朝、自宅駐車場内で自家用車の窓ガラスが割られ、車内に置いてあったパソコンが持ち去られた。被害届を提出し、関係者に対し電話で説明と謝罪を行った。日を改めて自宅を訪問し、謝罪するという。

また同市では情報セキュリティ委員会を緊急招集して、経過の把握や患者への対応、個人情報保護の対策について協議を行っている。

(Security NEXT - 2009/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
車上荒らしで顧客情報が盗難 - 大和リビング
調律師が車上荒らしに、顧客情報が盗難 - 河合楽器
顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
車上荒らしで顧客情報が盗難被害 - かもめガス
車上荒らしで学生の個人情報が被害に - 梅光学院大
作業中に車上荒らし、顧客情報が盗難 - 大丸エナウィン
10分ほどの駐車中に車上荒らし、学生情報など被害 - 名大
中学校内で車上荒らし、成績情報が盗難 - 堺市
委託先で患者情報含むHDDなどが盗難 - 伊勢崎市民病院