Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員がJR神戸線車内へノートPCを置き忘れ - 日商エレ

日商エレクトロニクスの従業員が、JR神戸線の車内に個人情報を保存した業務用ノートパソコンを置き忘れ、紛失したことがわかった。

同社によれば、所在不明となっているノートPCには見積書など103社分の顧客情報やメールアドレスなど個人情報826件が含まれていたという。2月7日夜半過ぎ、同社従業員が帰宅する際にJR大阪駅でJR神戸線を下車したが、業務用ノートパソコンを入れた鞄を電車内に置き忘れた。

同社によれば、ノートパソコンには、BIOSパスワードやハードディスクによるパスワードのほか、USBキーによるロックなど対策を実施していたという。

不正に情報が利用されたといった情報は寄せられていないという。同社では関係者に対して事情の説明や謝罪を行う。またノートPCを紛失した従業員は、PCの利用規定に違反があったとして、処分を検討している。

日商エレクトロニクス
http://www.nissho-ele.co.jp/

(Security NEXT - 2009/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社
消費生活センターからの通知文書に名簿を誤って同封 - 堺市
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
「Drupal」脆弱性、国内で1日あたり数万件規模のアクセス - 70カ国以上から
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も