Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載したマイクロフィルム132枚が所在不明 - 新潟労金

新潟県労働金庫において、顧客情報を記録したマイクロフィルムの紛失が判明した。

同労金本部や14店舗において、「コムフィッシュ」と呼ばれるマイクロフィルム132枚の所在がわからなくなっているもの。各店舗で保存していたフィルムを集中管理するため、約66万枚について調査を実施したところ判明した。

フィルムに記録されていた内容は、「定期性預金期間入払明細表」や「貸付金期間入払明細表」など13種類の帳票で、顧客名や口座番号、取引日、残高など含まれる。

同労金では、内部で誤って廃棄した可能性が高いと結論付けており、不正利用の報告なども受けていないという。

(Security NEXT - 2009/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再委託先が個人情報含む図面などを一時紛失 - 横須賀市
個人情報含む国庫補助申請の関連書類を紛失 - 美咲町
都営住宅申込者の個人情報含むDVD2枚を紛失、委託先で - 東京都
健診データ含むUSBメモリが所在不明 - うつのみや病院
個人情報含むPCを都内で紛失 - 講談社
婦人靴売り場で顧客情報含む帳票を紛失 - 高崎タカシマヤ
子育て支援事業の参加者名簿を紛失 - 藤沢市
個人情報1.8万件含むHDDが2018年末より所在不明 - 豊見城市
3店舗で顧客情報約2.4万件を紛失 - 福井信金
高校で検定試験結果が所在不明、持ち去りか - 神奈川県