Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載したマイクロフィルム132枚が所在不明 - 新潟労金

新潟県労働金庫において、顧客情報を記録したマイクロフィルムの紛失が判明した。

同労金本部や14店舗において、「コムフィッシュ」と呼ばれるマイクロフィルム132枚の所在がわからなくなっているもの。各店舗で保存していたフィルムを集中管理するため、約66万枚について調査を実施したところ判明した。

フィルムに記録されていた内容は、「定期性預金期間入払明細表」や「貸付金期間入払明細表」など13種類の帳票で、顧客名や口座番号、取引日、残高など含まれる。

同労金では、内部で誤って廃棄した可能性が高いと結論付けており、不正利用の報告なども受けていないという。

(Security NEXT - 2009/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県
統計調査員の個人情報含む研修名簿を紛失 - 大阪市
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
顧客情報記載の資料を紛失 - 愛媛県の郵便局
個人情報含む工事図面を路上に置き忘れ - 大阪市
行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委
チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 北海道情報大
関係者個人情報含む業務用携帯電話を紛失 - 国交省
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構