Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユニコーンシークレットライブの申込フォームで個人情報流出の可能性

チケット販売サイト「イープラス」において、一部申込フォームに別人の個人情報が表示される不具合が発生した。原因は調査中だという。

今回不具合が発生したのは、27日に開催が予定されているロックバンド「ユニコーン」のシークレットプレミアムライブの一部申し込みフォーム。同イベントでは約2000人を無料で招待する予定で、同サイトにおいて申し込みを受け付けていた。

同サイトを運営しているエンタテインメントプラスによれば、2月18日13時から22時30分まで、申込フォームにおいて不具合が生じたもので、フォーム利用者とは別人の個人情報が表示されたとの指摘が、利用者から11件寄せられた。

申込者および同行者の氏名と顧客番号などが誤って表示されたと見られており、同社では詳細について調査を行っているが、不具合は再現できておらず、原因もわかっていないという。

同社では当面の対策として同フォーム上で氏名と顧客番号を表示しないようシステムを改修。原因については引き続き調査を行っており、調査結果について判明次第報告する予定。

また不具合が発生したシステムとチケット販売システムとはそれぞれ独立しており、問題が発生しているサイト上で入力した内容以外の情報が漏洩するおそれはないと説明している。

(Security NEXT - 2009/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査