Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海賊版販売を行っていた男性が追送検 - 海賊版リストには1000タイトル

兵庫県警は、ヤフーオークションやメールを悪用して海賊版を販売していた神戸市の無職男性を、著作権法違反の疑いで神戸地検へ追送致した。

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、男性は2008年7月23日ごろから9月26日ごろまでの間、「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」ほか4作品を無断で複製した海賊版DVDを販売したという。また男性は、「HEROCLUB炎神戦隊ゴーオンジャー1マッハで飛ばせ!ゴーオンジャー」ほか4作品の海賊版を、販売目的で自宅に所持していた。

男性は当初ヤフーオークションで海賊版を販売していたが、男性の行為を知った権利会社が販売の中止を求める警告文を送付すると、その翌月から宣伝方法をメールに切り替えて販売を続けていた。

メールにはアニメや映画、音楽など約1000タイトルの海賊版リストを掲載し、オークションで知り合った顧客など延べ1600人へ送信していたという。

男性は、レンタル店から借りたDVDやCDのデータなどをハードディスクに複製し、これをマスターとして海賊版を作成していた。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2009/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す