Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

閲覧したサイトの内容を画像で確認できるセキュリティ管理サービス - ウォッチガード

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、ネットワークセキュリティ管理サービス「SECURE FORCE」の提供を開始した。

同サービスは、同社のUTMアプライアンス「Firebox X e-Series」を利用したセキュリティサービス。さらにログを収集、レポート化することで、セキュリティ対策の「見える化」を実現する。

ネットワークの利用状況やウイルス、スパムの受信情報のほか、操作内容、時間などが把握可能。閲覧したウェブサイトについては、画像により確認できる。

レポートの種類も充実しており、ウェブアクセスではトラック情報やドメイン情報のほか、閲覧をブロックした情報やブロックしたウイルス情報などが提供される。そのほか、不正アクセスの遮断情報やポート別のアクセス詳細一覧、不正侵入阻止に関する情報なども確認できる。

価格は月額5000円から。別途アプライアンス機器およびサポート料金が必要となっている。

(Security NEXT - 2009/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
「SKYSEA Client View」に新版 - UTMとの連携に対応
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
NECネッツエスアイ、中小企業向けUTM運用サービス
NTTコム、VPNのオプションでUTM機能を提供
CITS、Clavister製UTMのフルタイム保守サービスを開始