Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLインジェクションを防衛するも閲覧障害が発生した事例も - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、2009年1月のウイルスや不正アクセスに関する届け出状況をまとめた。SQLインジェクション攻撃を防御したものの、サービス不能に陥った事例なども報告されている。

1月のウイルス検出数は約15万9000件で、12月の約17万3000件から0.8ポイント減少した。同日中に発見された同種のウイルスを1件とカウントする届出件数は1860件で、12月の1795件から3.6ポイント増加した。

検出数の1位は「Netsky」の約13万7000件で全体の86.2%を占めた。2位は「Mytob」で約5200件、3位は「Downad」で約5100件、4位は「Mydoom」で約3000件と続く。届け出件数では、1位に「Netsky」、以降「Mydoom」「Bagle」が続いた。「Autorun」も5位に入っている。

不正アクセスの届出件数は10件で、12月と同数だった。そのうち被害のあったものは7件で、内訳は侵入3件、DoS攻撃1件、アドレス詐称1件など。また29件の相談が寄せられ、そのうち13件で被害が発生している。

不正アクセス被害では、SQLインジェクション攻撃によるデータベースのデータ改ざんが2件、OSコマンドインジェクション攻撃によるシステム被害が1件発生した。

なかにはSQLインジェクション攻撃対策により侵入を防いだものの、攻撃によりアクセス数が通常の4倍まで膨らみ、負荷によりウェブサイトが閲覧しにくくなったという被害も報告されている。

1月に同機構へ寄せられた相談総件数は960件で、12月の839件から増加した。そのうち「ワンクリック不正請求」に関する相談は243件。9月をピークに減少傾向が続いていたが、12月から再び増加している。また「偽セキュリティ対策ソフトの押し売り行為」に関する相談が11件、Winnyに関する相談が8件寄せられた。

(Security NEXT - 2009/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
約半数の企業が情報セキュリティ対策を重点的に推進
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%