Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLインジェクションを防衛するも閲覧障害が発生した事例も - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、2009年1月のウイルスや不正アクセスに関する届け出状況をまとめた。SQLインジェクション攻撃を防御したものの、サービス不能に陥った事例なども報告されている。

1月のウイルス検出数は約15万9000件で、12月の約17万3000件から0.8ポイント減少した。同日中に発見された同種のウイルスを1件とカウントする届出件数は1860件で、12月の1795件から3.6ポイント増加した。

検出数の1位は「Netsky」の約13万7000件で全体の86.2%を占めた。2位は「Mytob」で約5200件、3位は「Downad」で約5100件、4位は「Mydoom」で約3000件と続く。届け出件数では、1位に「Netsky」、以降「Mydoom」「Bagle」が続いた。「Autorun」も5位に入っている。

不正アクセスの届出件数は10件で、12月と同数だった。そのうち被害のあったものは7件で、内訳は侵入3件、DoS攻撃1件、アドレス詐称1件など。また29件の相談が寄せられ、そのうち13件で被害が発生している。

不正アクセス被害では、SQLインジェクション攻撃によるデータベースのデータ改ざんが2件、OSコマンドインジェクション攻撃によるシステム被害が1件発生した。

なかにはSQLインジェクション攻撃対策により侵入を防いだものの、攻撃によりアクセス数が通常の4倍まで膨らみ、負荷によりウェブサイトが閲覧しにくくなったという被害も報告されている。

1月に同機構へ寄せられた相談総件数は960件で、12月の839件から増加した。そのうち「ワンクリック不正請求」に関する相談は243件。9月をピークに減少傾向が続いていたが、12月から再び増加している。また「偽セキュリティ対策ソフトの押し売り行為」に関する相談が11件、Winnyに関する相談が8件寄せられた。

(Security NEXT - 2009/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移