Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Googleの検索結果に「不正サイト表示」の不具合 - 原因は人的ミス

1月31日夜半から翌2月1日にかけて、検索エンジン「Google」の検索結果や、メールサービス「Gmail」の迷惑メール判定に不具合が発生した。

Googleでは、ウイルス感染のおそれがある危険なサイトに対し、「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」というメッセージを検索結果に表示し、利用者へ警告を行っているが、1月31日23時30分から2月1日0時25分にかけて約40分間にわたり、検索結果で表示されたすべてのサイトに対し、警告表示を行う状態になっていたという。

同社では、同日にデータベースを更新したが、そのリストのなかにすべてのサイトとパターンマッチする 「/」 が人的ミスにより混入していたのが原因だという。

またメールサービス「Gmail」でも、迷惑メールの判定にリストを利用していたことから、一部メールに対して迷惑メールとして誤検知する問題が発生した。

同社では誤検知したメールを受信トレイに戻す作業を実施しているが、1月31日23時から翌2月1日1時までに重要なメールを受信した可能性がある場合は、迷惑メールフォルダを確認してほしいと呼びかけている。

Google
http://www.google.co.jp/

(Security NEXT - 2009/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で
新コロ拡大防止協力金の申請者情報が閲覧できる不具合 - 新潟県
「おそ松さん」特設通販サイトで不具合 - 他会員情報表示
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
意図しない外部サイト表示、外部サービス原因か - ワイン通販サイト
「レターパックライト」記載の二次元コードに誤り - 配達に支障なし
観光列車予約システムに不具合、別の顧客情報を表示 - 西鉄
顧客情報を誤表示、キャッシュ設定ミスで - グリーンスタンプ
「ラブライブは我々が頂いた!」 - 人気アニメ公式サイトでドメイン乗っ取りか
「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に