Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

凸版印刷ら4社、ICカードを利用したHDD暗号化ソリューションを開発

凸版印刷、エヌ・シー・エル・コミュニケーション、ペンティオ、ギーゼッケ アンド デブリエントは、ICカードを利用した「ハードディスク暗号化ソリューション」を2009年2月より提供開始する。

同ソリューションは、社員証、学生証向けICカード「SMARTICS ハイブリッドICカード」を提供する凸版印刷や、WinMagic製ハードディスク暗号化製品「SecureDoc」を販売するNCLC、プライベート認証局「グレアス」を手がけるペンティオ、ICカード用モジュールの販売を行うG&Dの4社の連携により実現している。

両製品の連携により、ハイブリッドICカードとパスワードによる2要素認証が実現。ハードディスク内のすべてのファイルを暗号化するほか、USBメモリなどリムーバブルメディアの暗号化も可能で、ファイル単位の暗号化にも対応している。

価格は、ICカード100枚発行の場合で1枚5000円。

(Security NEXT - 2009/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース