Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

センター試験志願者の名簿を紛失、誤廃棄か - 同志社大学

同志社大学は、大学入試センター試験の志願者800人の個人情報が記載された名簿の紛失を明らかにした。一般ごみとして誤って廃棄された可能性が高いとしている。

所在が不明となっているのは、同大学で1月17日および18日に実施された2009年度大学入試センター試験の「入学志願者名簿」。受験者800人の氏名、電話番号、受験番号、性別、生年月日、高校名など個人情報が記載されていた。

同資料は、2008年に大学入試センターから送付され、同大が保管していたが、1月8日に紛失していることが判明。同日に一般ごみの回収が行われ焼却処分されているが、その際に誤って廃棄した可能性が高いと同大では説明している。

同資料は大学入試センターから再交付を受けたため、センター試験の実施に支障はなかった。試験結果や今後の受験への影響もないという。同大学では再発防止に向け、「入試関係文書の取扱事務改善検討委員会」を設置して、管理体制の改善を目指す。

(Security NEXT - 2009/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市
印影など含む伝票綴りが所在わからず- 鳥取銀
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
調剤薬局で処方箋が所在不明に - マックスバリュ中部
統計調査員証を紛失、偽調査に注意呼びかけ - 市原市
取引情報4.1万件含むATM記録紙が段ボール箱ごと所在不明に - 豊和銀
個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構