Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

センター試験志願者の名簿を紛失、誤廃棄か - 同志社大学

同志社大学は、大学入試センター試験の志願者800人の個人情報が記載された名簿の紛失を明らかにした。一般ごみとして誤って廃棄された可能性が高いとしている。

所在が不明となっているのは、同大学で1月17日および18日に実施された2009年度大学入試センター試験の「入学志願者名簿」。受験者800人の氏名、電話番号、受験番号、性別、生年月日、高校名など個人情報が記載されていた。

同資料は、2008年に大学入試センターから送付され、同大が保管していたが、1月8日に紛失していることが判明。同日に一般ごみの回収が行われ焼却処分されているが、その際に誤って廃棄した可能性が高いと同大では説明している。

同資料は大学入試センターから再交付を受けたため、センター試験の実施に支障はなかった。試験結果や今後の受験への影響もないという。同大学では再発防止に向け、「入試関係文書の取扱事務改善検討委員会」を設置して、管理体制の改善を目指す。

(Security NEXT - 2009/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
車検関連の申請書類214万件を誤廃棄 - 九州運輸局
県立校で指導要録などを誤って裁断 - 神奈川県
休眠口座の印鑑届が所在不明に - 浜松いわた信金
NTTコムなど通信サービスの申込書が運搬中に高速道路へ散乱