Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト上で講座申込者の個人情報が閲覧可能に - 札幌市生涯学習センター

札幌市生涯学習センターが運営するウェブサイトにおいて、一部講座申込者の個人情報が流出したことがわかった。

同センターを運営している札幌市生涯学習振興財団によれば、講座申込者の個人情報が、昨年12月24日からウェブサイト上で閲覧可能な状態になったもの。

申込者96人のうち最大13人の氏名、住所、電話番号、申込講座名などが申込最終確認ページ上で閲覧できる状態になったほか、最大2人の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、性別、生年月日が、自分の登録内容を確認できるマイページに表示された。流出した可能性のある15人は特定ができていないという。

1月14日に市民からの指摘があり、問題が判明。同センターでは、管理業者へ連絡してサイトを閉鎖し、引き続き原因究明に向けて調査を行っている。また漏洩した個人が特定できないことから申込者全員に対して説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2009/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙
スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校
職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市
入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
メール誤送信で助成金交付団体のメアド流出 - 環境再生保全機構